カジノの歴史

カジノの歴史

マーティン・スコセッシ監督が描いたカジノの本当の歴史

現代のカジノは、エレガントです。余暇を過ごすのに、最高の場所の一つとして考えられています。オンラインカジノを楽しむにも、たくさんの選択肢があります。カジノ業界で最も革新的な発展の一つは、映画においてギャンブルのポジティブなイメージが描写され、ギャンブルへの偏見がなくなったことです。それはギャンブル業界の発展に大きく寄与しました。1995年に公開された映画『カジノ』によって、カジノは誰にでも知られる存在になりました。『カジノ』は、個人的な出来事から、全てを支配しようとするボスに至るまで、実際の人生ととても良く似ていたので、大人気を博したのです。 インスパイアされて: カジノといえば、人々の憧れの的として、羨望を受ける言葉です。映画『カジノ』は、フランク・”レフティ”・ロススティーンという人物の実話に、インスパイアされています。彼はフレモントカジノ、ハシエンダカジノ、スターダストカジノを経営していました。 作中のキャラクター: メインキャラクターは、実在した人々からインスピレーションを受けたものでした。前述のサム・エース・ロススティーンは、実在したフランク・ロスティーンという人物から、インスピレーションを受けています。また、ジンジャー・マキーナはジェリー・マクギー、フィリップ・グリーンはアレン・グリック、ニッキー・サントロはアンソニー・スピロトロからインスパイアされており、実在した人物がモデルとなっています。作中のキャラクターの特徴が、役者とよく似ていて、完璧に役に没入出来ているので、作品はより優れた仕上がりになっています。 営業ライセンス: 実在したフランク・ロスティーンは、カジノを営業するライセンスを持っていませんでした。そのため、マフィアが彼に目立たない仕事を与えました。営業ライセンスを取得する為には、マフィアでの過去の犯罪歴を差し出し、承認を得なければなりませんでした。もしそうなれば、彼のキャリアは致命的になっていたでしょう。カジノ営業を続けるためには、この問題に上手く対処する必要がありました。 自動車自爆テロ: 作中ではしばしば、フランクに起きた実際の出来事を取り入れており、より絶妙なタッチが描写されていました。フランクが自動車自爆テロから生き延びたという話は、現実世界で本当に起きた出来事でした。これを元に、映画にも同じシーンが取り入れられました。これらのドラマチックな出来事は、映画を見る楽しみをより引き立ててくれています。 元役員: 映画『カジノ』は、刺激を受ける作品に仕上がっていますが、「カジノ」の登場により、より刺激的になっています。現実のフランクの人生も、これ以上ドラマチックに出来ないほど、刺激的なものでした。映画で登場する出来事の多くは、リアルなもので、事実に忠実でした。コスタリカの彼の実家で、役員が殺されたというのも実話なのでした。 ジェリーとアンソニーの恋愛関係: 映画『カジノ』での出来事が、実際にも起こったというのは衝撃的なことでしょう。作中のフランクとジェリーとアンソニーの三角関係は、映画のストーリーに生々しさを漂わせています。不倫や殺人事件も、同様です。これらもすべて事実で、フランクの妻は実際に、浮気をしていたのです。 まとめ: 歴史は、人々を魅了するユニークさを持っています。ラスベガスやマカオの成り立ちどちらを話すにしても、カジノの歴史はとても面白いものです。さまざまなアイデアを与えてくれ、ユニークな経験をさせてくれます。勝ちにしろ負けにしろ、その経験に匹敵するものはありません。結局のところ、ギャンブルがしたい時はいつでも、オンラインですぐにギャンブルできます。しかしながら、カジノの歴史を代表する実店舗のカジノで賭けることは、誰も無視できないことで、オンラインでは得られない経験ができます。